RELEASE

Kisweとパートナーシップ契約締結

2020.05.01 (Fri)
Kisweとパートナーシップ契約締結

2020年5月吉日

革新的なクラウド型マルチ実況ライブ配信システムを日本のあらゆるスポーツシーンへ



スポーツブランディングジャパン株式会社(東京都港区:代表取締役 日置貴之、以下SBJ)はKiswe社(アメリカ・ニュージャージー、以下キズウィ)と日本における戦略的パートナーシップ契約を締結いたしました。今回のパートナーシップにより、SBJは日本における現地代理店としてキズウィとともにグローバルスポーツやエンターテイメントの資産拡大を目指します。

SBJのパートナー企業はキズウィの製品であるCloudCastを活用することで、ライブ配信のみならず録画コンテンツの配信でも、リモートでの実況解説やインタラクティブな機能など日本市場に合致するようカスタマイズされたコンテンツを視聴者に提供することが可能となります。SBJはスポーツマーケティング業界で長年にわたって培ってきた専門知識を生かし、放送局やメディア企業の視聴数向上、とりわけリーチの難しいモバイルファーストな視聴者層の体験価値を向上させられるよう尽力してまいります。

マイク・シェイベル(キズウィ・モバイル CEO)

「SBJは従来の価値基準を劇的に変化させるほど非常に革新的な企業であり、デジタルプロダクションやリモートプロダクションの領域における先駆的な企業でもあります。クラウド型マルチ実況ライブ配信システムの市場拡大を目指す中で、日本のクライアントはもちろん、日本人向けコンテンツの配信を手掛ける国際的なクライアントを支援しているSBJと連携できることを非常に幸運だと感じています」

日置貴之(スポーツブランディングジャパン株式会社 CEO)

「この度、キズウィとパートナーシップを締結することとなり、大変光栄に存じます。キズウィの製品であるCloudCastは容易な操作性と合理的な価格でライブ配信を実現する革新的なサービスであり、国内の放送事業者のみならず、スポーツ連盟や協会、放送権を保有する事業者にご活用いただけると確信しております。また、SBJと提携するパートナー企業、とりわけ世界規模で展開する国際的なスポーツリーグやチームにおいては、日本のファンに日本語実況解説付ライブ配信を提供するなど、すでにCloudCastを導入した配信事業を始動させています。日本における販売代理業務を任されたことを名誉に思うとともに、CloudCastのさらなる進化と発展を期待しております」

【キズウィについて】

Kiswe(キズウィ)はリアルタイムのライブストリーミングを提供するクラウド型動画配信システムを開発し、世界中のデジタルオーディエンスや特殊なコミュニティを魅了しています。スポーツの商業権所有者と提携することで、キズウィのCloudCastはライブ映像が世界各区地のどこで撮影されていようとも、遠隔地にいる実況解説者が対象市場に合わせた言語で音声を乗せるなど、カスタマイズしたコンテンツを提供することを可能にします。また、キズウィの技術はメディア企業と消費者の架け橋となるモバイルプラットフォームやコンテンツ制作を通じて、より多くの方々にライブイベントを味わっていただくための道を切り開くものです。キズウィはアメリカのニュージャージーを拠点に、ニューヨーク、ソウル(韓国)、ロンドン(イギリス)、ハッセル(ベルギー)、シンガポールでも営業展開しています。詳細は公式サイト www.kiswe.com をご覧ください。

【スポーツブランディングジャパンについて】

SBJは日本を基盤にシンガポールおよびトロントに拠点を持ち、アジアを中心とした国際的なスポーツリーグ等のコンテンツ販売や、諸外国企業の日本におけるビジネスパートナーとして、放送権販売、スポーツ観点からのブランディング戦略構築、ビジネス戦略構築、デジタルメディア運営、マーチャンダイジングサポート、広報活動、イベント運営など幅広い業務を展開しています。

本件についてのお問い合わせ先:
スポーツブランディングジャパン株式会社
田島千容 info@smj.jp